Skip to content

翻訳サービスを費用で選ぶときのポイント

便利な翻訳サービスを選ぶときに重要になるのが費用ですが、これは原文1文字ごとで金額が決まってきます。

主流なのが翻訳前の原文をもとに計算する方法で、もう一つは翻訳された後の文章をもとに計算する方法です。言語のペアごとに1文字あたりの金額を出していて、翻訳サービスの申込み前にホームページから計算をしていくら金額が必要か他の会社と比較して高いか安いかも確認可能です。1文字あたりの料金も翻訳サービスの会社によって違い、一般的な相場は和文英訳だと1文字が5円から15円、英文和訳で1文字が7円から25円です。

相場の範囲内だと比較的に優良な会社になります。文字数以外に翻訳する文章内容によって異なり、一般的な電子メールや書類、ホームページの商品紹介などよりも、専門的な医療関連の論文や特許関連申請書、金融や投資関連などは高いです。最低注文料金設定が決まっていますが、これは1文字の料金設定で全ての依頼を計算すると、短い文章の翻訳だと安い料金になってしまうため受け付けられないというものです。

例えば日本語から英語へ文章を翻訳するときに、1文字の金額が10円だとすると、100文字で1、000円ですが最低注文料金が3、000円からだと、300字注文したときと同じ料金が発生します。そのため短い文章を翻訳したいときや、よく注文をする場合は最低注文料金が設定されていない業者を選ぶ必要があります。最低注文料金設定が決まっている業者しか条件に合わなかったときも、ある程度纏めて依頼したほうが費用も抑えられます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *