Skip to content

ビジネス系資料の日本語訳は翻訳サービスへ

翻訳サービスは個人でも依頼出来ます。

基本的には企業向けのサービスですが、最近は業務を拡大する翻訳会社が増えて来ました。手元の資料を和訳したいけれど、自分の力量では上手くいかない、そんな時は迷わずプロフェッショナルに依頼しましょう。私的なEメールであれば和訳の品質は高くなくても平気です。それこそ米国で暮らす友人からのメールであれば、仮に内容がイマイチ把握できなくても、気軽にどういった意図なのか返事で聞けます。一方で欧米のクライアントから送付された大事な資料の場合、その意図を誤解してしまうと後で大きな失敗に繋がりかねません。

個人の判断ミスが部署全体のスキャンダルに発展する事例は想像以上に多いです。翻訳サービスに依頼すれば、いわゆる書籍ではないコピー用紙をまとめただけのビジネス系資料でもキチンと和訳してくれます。ビジネス経験がある翻訳家が働く会社もあります。特に米国本土でビジネスマンとして勤務していた方が在籍する翻訳サービスに依頼をすれば高品質な和訳結果が得られます。

ビジネスの分野で使われる英文には米国の文化特有の難しい言い回しがあったり、欧米諸国で暮らさなければ分からない難解なニュアンスがよく使われています。普通のビジネスマンが和訳をすると、非常に堅苦しい日本語になってしまったり、資料の意図がまるで反対になってしまったりと、実に危険な結果になります。翻訳サービスに依頼をすればリスクは回避でき、和訳に充てる時間も省けますので、良い事ばかりです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *