Skip to content

翻訳サービスを依頼する前に 「翻訳」とは何か

近年では、IT技術の進歩によりグローバル化が進んでいます。

企業では海外進出や海外企業との取引など、様々なシーンで外国語が求められています。また、医学や方角の分野でも世界各国の動向を常に把握しておかなければなりません。そのために翻訳が必要となるケースがありますが、社内に外国語に堪能な人がいないと困ってしまいます。そんな時に活用したいのが翻訳サービスです。しかし、どの翻訳サービスがいいのか、普段から利用していない場合はわかりません。翻訳会社によっても得意な分野が違ってきます。では、翻訳会社とはどんな会社なのでしょうか。

「翻訳」とは、異なる言語の文章を意味が同じようになるように変換することです。対して、話した内容を他の言語に置き換えて話すのは「通訳」です。「翻訳」は適切な表現で伝えたい文内容を正しく伝達することが重要です。現在、翻訳は「機械による翻訳」と「人による翻訳」の二つの方法で行われています。現在では世界中で機械による自動翻訳の研究が盛んです。しかし、自動翻訳はただ単語を訳すだけの直訳になることが多く、言い回しや抽象的な表現は本来の意味から外れてしまう場合があります。

人による翻訳は、人間が文章の意味を理解し適切と思う文章を完成させます。これは、翻訳者の理解能力や文章センスが問われます。原文通りに訳されていたとしても、内容に沿った表現やスタイルをうまく伝達できなければ、その文章の価値を下げてしまうことになるからです。翻訳会社はその会社の規模や得意分野により、対応できるサービスが異なります。規模の小さい会社やフリーランスの翻訳者は、対応できる言語や分野が限定的です。翻訳サービスを依頼するなら、各翻訳会社の特徴や得意分野を調べて依頼するようにしましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *