Skip to content

翻訳会社を選ぶ際にコーディネーターの役割が重要

翻訳会社は、全国で約2000社余りあると言われており、上場会社から人工知能がする会社まで様々な規模と用途によって選択ができます。

最近は、インターネットで企業の概要や決算データを公表しておりその翻訳を依頼される機会も増えています。全世界にネットワークを持っており、その国のネイティブ翻訳ができる態勢を敷いているのです。

翻訳会社を選択する時によく言われるのが、コストを重視するのかスピードすなわち納期を守ることを重視するのか、品質が良い翻訳ができるかで比較すればいいと言われます。納期を守り・専門分野を良く理解した翻訳ができる会社は、大手企業に利用されてきたり官庁が採用しているという実績があります。

実績があるということは、それだけ翻訳に対するチェック機能が優れていることでもあります。翻訳を依頼する時は、翻訳会社には依頼会社を担当するコーディネーターがいて、顧客の意向を翻訳者につなぐ役割をしています。

出版社の編集者と同じで、各依頼の趣旨を的確に把握して翻訳のイメージを伝えます。上がってきた翻訳原稿は何度も推敲が重ねられてその結果を迅速に納品することになります。コーディネーターの処理能力や実績・知識に左右される部分が大きいと言わざるを得ません。

優れた翻訳会社に、優秀なコーディネーターがいるというのは良く知られているところであります。翻訳者には独特のセオリーを持っている人が多くなります。それをどのように普通のレベルに近づけていけるかが校正を担当する人の能力になるのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *