Skip to content

翻訳会社とは何か?賢い利用方法と注意点

昨今のグローバル化によって、二か国語以上をしゃべる事ができる社員の雇用を積極的に行っている一般企業が増加傾向にあります。

ですがネイティブのように聞いて話ができても、ライセンス契約上の独特な言い回しや法律的・医学的な専門用語となると、能力に差が出るのが現実です。特に企業間で契約書を交わす際の内容確認については、慎重にならざるを得ません。

その際に利用すべきなのが「翻訳会社」です。翻訳会社とはその名の通り、翻訳業務を代行してくれる会社のこと。インタビュー映像などを聞き取って翻訳するのが得意な人や、契約書などの難しい文書を翻訳するのが得意な人など、様々なタイプの豊富な人材が所属しています。例えば「語学堪能だけれども育児が忙しく本格的に働けない主婦」や「怪我をして通勤が困難になってしまったサラリーマン」といった、在宅勤務で翻訳作業ができる人材が、翻訳会社には多く勤めているのです。

また契約書の内容を外部に漏えいさせないため、人材を派遣してもらい、会社内で翻訳作業を行わせる事も可能です。語学が得意な社員のチェックだけでなく、翻訳会社の人材がダブルチェックをする事で、より万全な態勢を整える事ができるでしょう。

なおパッケージで翻訳を依頼した場合は、作業の分量(文字数など)による一律価格のため費用の見積もりもしやすいですが、派遣の場合は人材それぞれに時給の単価が設定されており、作業時間の長さによって価格が変動するので注意してください。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *