Skip to content

翻訳会社の今後について考えてみた

翻訳会社の今後について考えてみると道はかなり厳しいというしかありません。

グローバル社会となることはこれから間違いないところでしょうから、翻訳の仕事が必要であることは間違いありませんが、これをするのが翻訳会社ではなく自動翻訳のツールが担う事になる事がほぼ確実になっているという事があるからです。翻訳会社はこれからはこのツールがない所で活路を見出していく事しか出来ません。

何しろツールは無料でモバイルがあれば誰でも利用することが出来るというような事になっているわけですから、ビジネスでこれに勝つことはほとんど不可能です。出来るのはこのツールが進出してくる事が出来ないところで頑張るしかないわけですが、これは専門分野というような特殊的なところになるという事になるのかもしれない。

これからは翻訳会社はこうした専門性を強めていく事で生き残り戦略を考えて良くしかないでしょう。ツールは膨大なデータがなければ翻訳技術を獲得することが出来ないので、データが少ない専門性の高い分野はまだ進出してくる事が難しいと考えられるわけです。

ですが、それもどこまでという事になると難しいところがありますから、これからの翻訳会社はこうしたツールの動向に常に注意を払いながらビジネスを考えて良く必要性に迫られるという事が考えられます。まさか検索会社という翻訳とは縁もゆかりもないところからライバルが出てくるなど考えていなかったでしょうから、これは大きな革命的なことだったと考えられます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *