Skip to content

翻訳会社のチェック項目について

海外の専門書などを読み解く必要があるけれども自分はその言語の専門家ではないといった場合には、選択肢として辞書をひきながら長時間かけて読解してみるというものと翻訳会社に依頼して翻訳してもらうという方法が考えられます。

この忙しい現代社会において前者の方法をとっていると競争に置いて行かれるというのが実状です。ですので、このような翻訳サービスを提供する翻訳会社という事業が存在していけるのです。この翻訳会社の序列については、一般的なサービス業と同じく、値段が高いものほどクオリティが高いという傾向があります。

特に専門書の翻訳などである場合には、専門知識を前提として書かれる書物が多いので、翻訳する側もその分野に関する専門家と同等の知識がないと適切な翻訳にならないのは想像できるでしょう。ではこの専門家を一般人と同じ人件費で雇えるかというとこれが難しいのも当然というのが分かると思われます。

ですので値段というのは一つの大きな指標でどの程度の正確性を求めるかによって、どのレベルを頼むかというのを考える必要があります。では求める翻訳の質をどのようにチェックすればよいのでしょうか。

その答えとしては翻訳のサンプルの提示を求めることです。特に専門書であれば例えば英語の専門用語が適切な日本語に訳されているのかといった点をチェックしてみるだけでも翻訳の質のレベルというものが見えてきます。この視点で専門家と称する者ではなく本物の専門家がいると考えられる翻訳会社に依頼するのがよいでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *