Skip to content

翻訳会社を選ぶ時の注意点

翻訳会社の翻訳業務は、文章を外国語から日本語にすることや、外国語から日本語にするのが主な内容です。

ただし、場合によっては外国語から別の外国語に翻訳してもらうケースもあるでしょう。翻訳会社を利用する目的はこのようにシンプルですが、文章の性質は様々です。簡単な手紙の内容を翻訳することもあれば、外国の企業と取り交わす契約書の翻訳が依頼されるケースもあります。

そして、翻訳会社がどのような性質の文章に対応しているかは異なりますので、依頼したい文章に応じて会社を選ぶことが重要です。依頼をしたい場合はまず、見積りを出してもらいます。料金は一律で文字単価いくらというように設定していることもあれば、文章に応じて総額を提示する場合もあります。

また、文章の性質を見てから文字単価を設定していくらというように提示するところもあるなど、会社によってまちまちです。総額だけを提示した場合は内訳がわかりにくいため、それが相場より高いか低いかを判断するのは難しくなります。

もし高いと感じた場合は、別の会社にも見積もりを出してもらって比較するなどして、適正かどうかを判断すると良いです。もちろん、安ければ良いわけではありません。キチンと品質を満たした文章ではなければ意味がないからです。

本来それなりの人材に翻訳を依頼すれば人件費は高くなるので料金も高くなります。クォリティーにこだわるなら、実績なども加味して利用先を検討しましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *