Skip to content

翻訳会社を探すときのポイントを理解しよう

翻訳会社を選ぶ時には、その会社がどのような形態でサービスを提供しているのかということをきちんと確認しなくてはいけません。

翻訳会社の中には、法人としてサービスを提供しているところと個人でサービスを提供しているところがあります。近年でも、フリーランスで翻訳を行っている人が多いです。フリーランスでサービスを提供している場合には、質や納期に関して問題が生じることが多いのでこの点に関しては理解しておく必要があります。

フリーランスというのは、文字通り個人で事業を行っている人たちのことを意味します。クライアントとのやり取りを自分自身で行うため直接的な交渉を行うことには長けていますが、能力に関しては非常にばらつきが存在します。優秀な人はもちろん優秀なのですが、そうではない人に関しては拙い翻訳になってしまう可能性もあります。

特にフリーランスの場合は個人で契約することになりますので、一度そう言って契約を行うと翻訳文章を納品してもらうまではその契約を勝手に打ち切ることが出来なくなってしまいます。品質が悪い場合であっても受けとらなくてはならなくなりますので、気をつけなくてはいけません。

高品質なものを望む場合には、アフターフォローをしっかりとしている専門の翻訳会社を選択することが大切です。フリーランスの場合は納品物を納品するとそれで終わりというところがほとんどであるため、こういったアフターフォローしてもらうことがなかなかできません。質の高い文章をもらうためにも知っておくことが大切です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *