Skip to content

ウェブページも翻訳会社に依頼が可能です

ホームページを運営している会社は多いと言えましょう。

ホームページの言語と言うと日本語が主流で、大手の会社などでは多国語でサイト構築を行うケースは多いものの、中小企業はターゲットが日本人などからも、日本語で運営を続けているケースは多いのではないでしょうか。最近はグローバル化と呼ぶ、海外マーケットも視野に入れたビジネス展開を行う会社も増えており、英語や中国語などの言語でのホームページ運営も必須な時代です。

ホームページの多国語化は翻訳会社に依頼すれば、どのような業種のホームページでも適切な翻訳が行われ、自社サイトを複数の言語でアクセスができるようになります。翻訳会社にホームページの多国語化をお願いする場合には、翻訳会社がコーディングなども可能にしているのか否かを確認しておくと安心です。

ホームページの翻訳は文書データなどとは異なり、タグと呼ぶもので文書が囲まれているので、HTML翻訳が可能であるのか否かを調べておくことはとても重要な要素になって来ます。仮に、HTMLの修正までができない翻訳会社の場合は、ホームページの内容を翻訳できても、依頼者が自らHTMLの日本語部分を英語などの言語に変更しながらコーディングが必要になって来ます。

しかしながら、HTML文書を渡せば、コーディングまで可能にする翻訳会社を選んでおけば、翻訳が完了したと同時に英語版や中国語版などのホームページをすぐに立ち上げることができるメリットもあるわけです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *