Skip to content

翻訳会社ってどんなところなの?

外国語を話せる人にとって翻訳会社はとても魅力的な就職先のひとつです。

しかし、翻訳会社がどんな仕事をしているのかその中身はあまり知られていません。今回はその仕事内容について詳しく探っていきます。翻訳会社はその名の通り翻訳をするのが主な仕事になります。日本語を外国語に訳したり、外国語を日本語に訳したり、時には外国語を他の国の言語に訳したりすることもあります。扱う言語や仕事内容は会社によって異なります。

翻訳の仕事がメインなら社員にも高い語学スキルが必要だと考える人も多いと思います。実際に高いスキルを持っていた方が仕事がスムーズに進むと思います。しかし、翻訳は社員がやるわけではありません。最近はフリーランスの翻訳者に委託しているのが現状です。翻訳会社は基本的に代理店ということになります。

翻訳の仕事というと映画の字幕や小説の訳など華やかな仕事をイメージするかもしれません。もちろんそれも翻訳会社の仕事ですが、ほとんどの会社は映画や小説よりも産業やビジネスに関連するものをメインに行っています。例えば製品の取扱説明書や契約書、試験データなど企業が業務を行うのに必要な文書を翻訳しています。

地味な仕事と感じるかもしれませんが、これも大切な仕事の一部です。就職しても翻訳ではなく営業や原稿のチェックの方が多いかもしれません。もし、翻訳の仕事をしたいなら自分のスキルを高めてフリーランスの翻訳家になった方が近道でしょう。しかし、あらかじめ翻訳業界のことを学び、人脈を広げておくと将来独立したときに有利かもしれませんね。世界の人とビジネスや文化を共有するために翻訳という仕事は大きな役割を果たしているのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *