Skip to content

最近の翻訳会社について

グローバル化が進む日本では、オリンピックに向けて今後さらに多言語の使用が見込まれています。

街を歩いていても海外のビジターが多く、日本の国際化を感じられるようになりました。駅や街中の表示は英語だけでなく、韓国語、中国語など多くの言語が使用されていて、駅のアナウンスは日本語と英語が当たり前になっています。ビジネスシーンだけでなく、一般の生活にも多言語を使用する場面も多く見られるようになり、語学習得は日本人にとって大きな課題となりました。そんな中で、今後も需要が高まるのが翻訳のお仕事でしょう。

一昔前は翻訳会社というと、オフィスを構えて常駐の社員が翻訳業を請け負うスタイルがほとんどでした。しかし、現在ではインターネットが普及し、ネットの環境とパソコンがあればどこでも翻訳のお仕事が出来るようになりました。そんな中で、在宅のフリーランスも多くなり、そのサービスも様々に変化しているようです。

翻訳者を多数登録し、派遣を行う会社も多く、そのような翻訳会社ではある特定の分野に特化した翻訳者や、特殊な言語を得意とする翻訳者などが見つけやすく、利用者にとっては便利であると言えます。登録派遣性の翻訳会社のデメリットとしては、採用の条件が比較的緩い事などから、翻訳者の経験値や言語能力レベルなどのばらつきが出てしまうため、期待にそぐわない場合もあるという事です。依頼する側は、スピードや翻訳レベルにどれだけを求めるかによって翻訳会社を選択すると良いでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *