Skip to content

翻訳会社がやっていることは様々

翻訳会社は、翻訳をするというのが基本的な業務内容になります。

ただ、文章を翻訳するだけではなく、例えば音声を日本語に翻訳したり、映像の字幕を考えたりするなど、言語間の橋渡し的な役割を担っています。そのため、利用されるのはビジネス、学術、文化など特定領域に限らず、様々な分野です。一つの翻訳会社がこのすべてをやっているとは限りません。大手なら様々な対象を取り扱っていることもありますが、大手でない場合は特定領域に特化していることも多いです。

また、ジャンルによって得意不得意もあります。学術分野や工業分野の文献の翻訳には、その分野に精通している人材が必要ですが、必ずしもすべての会社で確保できるわけではありません。大手の場合は多くの人材を抱えているため対応できる幅が広いですが、かといって中小の翻訳会社がだめというわけでもなく、その分野においては高く評価されているケースも少なくないです。

このことから、翻訳会社を選ぶポイントは目的に合っているかどうかになるでしょう。もちろん、それ以外にも判断すべきことはあります。それは、どのくらいの費用がかかるかです。場合によっては質を犠牲にして低価格を重視しても良いこともあります。例えば、たたき台としてとりあえずの翻訳で問題ない場合です。逆にすぐに利用することができるレベルを求めているなら、料金はあまり重視すべきではありません。質と料金は通常比例する結果となるからです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *