Skip to content

翻訳会社はグローバルな存在に

全国で翻訳会社の数がどのくらいあるかご存知ですか。

約2000社はあると言いますが、老舗の専門スタッフがいる会社から上場している会社まで大小さまざまな会社が存在しているのです。翻訳といえば、学術論文から専門の分野、映画の字幕スーパーなどが思い浮かびますが、実は幅広い分野で活躍しています。古くは、医学の学会や国際会議などでは翻訳会社が無ければ運営できませんでした。最近は、語学教育が発展して何か国語を駆使して翻訳をするスタッフが増えており企業としての取り組みも変化しつつあります。

英語の翻訳が今でも多いですが、ビジネスでは中国語・フランス語・イタリア語など世界中の言語を翻訳できるように大手の翻訳会社ではスタッフをそろえています。急なイベントの対応にも即座に対応してくれるのは、世界中にネットワークができているからです。専門家が多いのも翻訳会社の強みになります。古くから翻訳を専門にしている会社ほど納期や翻訳した文書の校正によるチェックが優れています。

指名によって仕事が回ってくるケースがほとんどです。最近は、インターネットの普及によって世界を相手にする商売が増えています。母国語のみならずバイリンガルな人が当たり前になっているのです。新しい翻訳の市場がうまれてきています。ネットにホームページを出すのが企業である証になる世の中です。日本語のみならず複数の言語でアピールする必要があります。商売の相手は国内にとどまらず、全世界で見られていることを意識する必要があります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *