Skip to content

翻訳会社への発注で失敗しないために

社会のグローバル化は年々進んでおり、日本国内でもビジネスの場で外国語を要求されることが増えてきました。

中にはこれから海外進出を狙う、という企業もあるのではないでしょうか。そんな時に便利に使えるのが翻訳会社という存在です。翻訳会社を上手く使えば人員を恒常的に雇うよりもコストを抑えつつ、質の良い文書などを作ることができるのでそのメリットは大きいと言えます。しかし翻訳会社と言っても多くの企業がある中で、どこに頼めば失敗しないのか分からないという場合も出てきています。

そこで翻訳の発注で失敗しないためのポイントをいくつか抑えてみましょう。まず最も大事なのは翻訳を依頼する文書の使用目的をしっかりとしておくことです。同時にどんな人がその訳文を読むのかというターゲット層も伝えた方が良いと言えます。これがはっきりと伝わっていないと、出来上がりの精度に納得できないということが起きてしまいます。また、依頼する分野を得意としており実績がある翻訳会社を選ぶのも非常に重要なポイントです。

翻訳というのは特にビジネスにおいては単純に訳するだけでなく、その分野の知識を持ってニュアンスを間違いない汲み取るノウハウが必要となります。相手に間違った意味でとらえられてしまわないよう、その分野に明るく実績が豊富なところを選ぶと良いでしょう。そういった意味では、これまでの実績や得意分野を公開していないところはおすすめできません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *