Skip to content

商品にあった翻訳会社を選ぼう

輸出や輸入をするときに活用することになるのが翻訳会社です。

大きなビジネスチャンスになりますので、失敗は許されません。だからこそ商品にあった翻訳会社を選ぶことが重要になってきます。ただ訳すことが目的と考えないようにしましょう。あくまでも目指すところは、読む人が不快感を感じることなく読むことができることです。ここまで求めるのが翻訳であることを忘れないでください。そのために必要なのがローカライズとカルチャライズになります。

当該国に合った翻訳をすることの意味になりますが、商品そのものの価値を理解できなければ、満足できる翻訳をすることができません。ローカライズやカルチャライズは当該国の知識が必要になってきますが、さらに依頼する側が求めなければいけないのが翻訳会社が商品に対する知識も同時に持っているのかになります。たとえば科学の翻訳をするときに、その知識がなければきっと読む側は理解することができません。これが起きると翻訳は失敗することになります。その商品の知識をちゃんと把握していなければ、満足できる翻訳はないと考えてください。

会社によっては得意分野をサイトに記載していることが多いですので、それを参考にして選ぶと間違いもなくなるはずです。翻訳が失敗するのかどうかの瀬戸際になりますので、必ずここは理解して抑えておくことをお勧めします。これができないことで銭失いが起きるのも翻訳会社であることを忘れないようにしましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *