Skip to content

ローカライズとカルチャライズができる翻訳会社を

ただ訳すことが仕事ではないのが翻訳会社です。

初めて利用する人の多くが、言語だけを訳すのが仕事のように感じていることが多いですが、それだけを求めないようにしましょう。大切なことは対象国の人々が受け入れることができる訳に仕上げることです。これをローカライズとカルチャライズと呼んでいます。対象国の文化や慣習そして宗教に反することがない翻訳が求められています。

ローカライズは対象国の人が読んでも納得できる文脈であることを指し、カルチャライズは文化や宗教などに配慮した訳になることを指していますが、これが出来る翻訳会社こそ一流と判断することができますので、ここは重要視しておきたいポイントです。ではどんな翻訳会社を選べば良いのかというと、対象国の知識を持っており、なおかつ対象の訳に関する知識も持っていることです。

対象国の文化や宗教を知らない訳をすることによって、受け入れられなくなるのは当然です。また訳すものの知識がないと、なかなか理解してもらうことができなくなります。医学や科学分野の知識が求められる訳が必要になることもありますが、クールジャパンを代表するようにアニメの訳も知識が求められます。よってすべて同一人物に任せることができないのも訳のひとつでもあることを知っておきましょう。豊富な人材を用意している翻訳会社こそ信頼することができる会社になりますので、そのようなところに相談することをおすすめします。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *