Skip to content

オフィスに届いた英文ビジネスメールは翻訳会社に相談

欧米諸国に次ぎ、日本もまたビジネスシーンのグローバル化が進んできました。

昭和の頃は、どの企業も基本的に国内向けのサービスを提供しており、欧米諸国の企業を取引をしていた会社は少数派だったのです。ところが近年ではいわゆる普通の商社や個人経営の専門店でも、盛んに国外のビジネスパーソンやクライアントとビジネスを進めています。日本製の家電や雑貨、そして農作物などは世界中で高く評価されており、空港インフラが発展した結果、国外のビジネスパーソンが日本特有の商品を求めて、米国や欧州諸国から訪れているのです。

またネットが発展したおがけで、国境を越えてSNSやEメールで、ビジネスパーソン同士が結びつけるようになりました。オフィスのパソコンに英文またはフランス語で執筆されたメッセージが届いたが、社内に和訳が出来るスタッフがいない、そんな時は翻訳会社を頼りましょう。せっかくの依頼メッセージをみすみす放置するのは、大きなチャンスロスに繋がりますので、翻訳会社に早速問い合わせてオフィスに届いた文面を和訳してもらえば、その内容が理解でき、国外のクライアントへ迅速に返信が可能です。

海外から思わぬ大量発注があれば、利益を拡大させる大チャンスとなり得ます。いわゆる個人経営のオフィスからの依頼でも、翻訳会社は快く引き受けてくれます。Eメール数通やSNSに届いた短文のメッセージだけでも問題なく依頼は行えます。少量の和訳依頼であれば、安価な値段で済みます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *