Skip to content

翻訳会社のビジネスは海外オフィスで行われています

インターネットの普及でビジネスが国際化してきているのは、誰の目にも明らかです。

商品やサービスも海外展開する過程で、翻訳の必要に迫られることも多くなってきました。日本ではこれまでにないような翻訳の需要が発生しているのです。そういった翻訳ニーズの高まりで、新しい翻訳会社が次々に生まれてきています。新たに誕生した翻訳会社の中には、翻訳とは全く関連のない異業種からの参入企業も少なくありません。あるいは、社内の一部署としてオフィスの中で翻訳業務を行っていたセクションが、社外向けビジネスの形で転身していった事例もあります。

近年目立っているのは、海外に拠点を持った中堅どころの翻訳会社が日本市場へと参入してくるケースです。海外に拠点を置く中堅規模の翻訳会社に翻訳を依頼するにあたっては、どのような注意点があるのでしょうか。まずは、日本語熟練度の確認をすることです。大手の会社であれば、現地にオフィスを設けて現地言語に習熟したネイティブのスタッフを採用して翻訳作業を行えます。

しかし規模の小さな会社ではそういったビジネスモデルを求めるのは無理でしょう。ですから「日本語対応可」の条件が示されていても、発注前に日本語スキルを確認しなければなりません。確認方法には、英語原稿を送付してそれを日本語に翻訳してもらう、というのがいいでしょう。

もし無料の翻訳トライアルのシステムが用意されているのであれば、必ず試しておくことです。オフィスに居ながらにして実行できます。日本語の原稿を翻訳してもらうにあたっては、日本語をしっかりと理解していることが重要なのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *