Skip to content

オフィス内の校正後にも翻訳会社のビジネスは安心

オフィス業務の中には英語との関連性が高く、日本語で作成した文書をその都度翻訳会社に依頼して英文化が必要になるオフィスも多いのではないでしょうか。

翻訳会社のビジネスの中心は原稿に記載してある内容を指定され言語に変えて翻訳を行うもので、近年企業の多くが海外への進出を図るなどからも翻訳ビジネスの需要は拡大していると言っても過言ではありません。ビジネス文書の翻訳の中にはオフィスに届いたメールの内容を翻訳して貰いたいなども含まれるかと思われますが、僅か数行の翻訳でも高額な費用が掛かるのでは経費の無駄、ある程度まとめて依頼したいと考える人も多いのではないでしょうか。

これは翻訳会社の費用形態がA4サイズ1ページの単価になっている場合で、仮に1行でもA4サイズ1ページでの費用請求があるので利用する側にとっては高い、無駄があるなどのイメージに繋がってしまうわけです。文書は校正と呼ぶ作業を行い、内容に不備がないのかを確認することが必要です。

校正を行った結果、数ページの中で数行程度の修正が必要になった場合も、A4サイズでの請求になるので割高感を覚えるケースは多いと言えましょう。しかし、翻訳会社の料金形態はページ単価以外にもワード単位での料金形態を用意している会社が多くあります。まとめて修正を行えば安く済むものの、校正戻りの修正は時間との勝負などからも、ページ単価ではなくワード単価の料金形態を持つ翻訳会社が便利です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *