Skip to content

翻訳会社を選ぶ際の注意点

翻訳会社に翻訳を依頼するといっても、どこでもいいわけではありません。

翻訳会社によって得意分野や料金、翻訳の体制は千差万別なので、自分なりにどの翻訳会社がいいのかチェックする必要があります。その際に、いくつか押さえておくべきポイントがあります。まずは、翻訳料金が明確に提示されているかということです。たいていは最初に翻訳の見積もりを出すのが一般的ですが、翻訳の過程で追加料金が発生することがあります。安さを売りにしておきながら、完成したら高いコストがかかってしまうということがないように、担当者と事前に確認しておくべきです。

原稿の量ではなく、翻訳後の文字数を予測して見積もりを出す仕上がりベースと呼ばれる方法では、概算しか出ないことから最終的にコスト増につながる可能性が高いので、見積もりの出し方はなるべく最初に明確にしておきます。こちらの要求にも関わらずそれが提示されないような翻訳会社は信頼できません。次に、納期が適切かどうかがポイントになります。納期が短いのは一見すると魅力的ですが、逆に大量受注で利益を得ている可能性があります。

そうなると品質が低下するだけでなく、納期よりも遅延することも考えられるので、適切な工程による納期なのかは重要です。最終的なチェックを考えれば、依頼した翌日納品などは非現実的です。たとえ短い納期を要求しなければならないような場合でも、担当者が翻訳者と検討した上での返事をするところなのか確認した上で翻訳会社を選びましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *