Skip to content

翻訳会社に任せると品質も費用も納期も全てOK

翻訳会社が必要になるのは海外企業とビジネス取引が生じた時などです。

国際社会の現代にとって欠かせない存在です。フリーランスの翻訳者にもメリットはありますが、翻訳会社に所属しているプロに依頼すると都合の良い面があります。フリーランスは当然ながら一人で全工程をこなしているので、納期が遅くなることもあります。また、休日であったり体調によっては仕事ができない日もあるでしょう。しかし、翻訳会社では翻訳者が上げた訳文を校正、校閲する人が別にいますし、ネイティブによるチェックも入ります。

フリーランスも責任を持っていることに変わりはないのですが、各工程のプロフェッショナルがいるというのは大きいです。会社なので翻訳者が多数所属しており、担当翻訳者の代わりもたくさんいますので、翻訳者の都合で納期にズレが出ることもほぼありません。費用の面では、フリーランスは比較的安いと思われていますが、実績と経験のある人に依頼すると決して安くはありません。かと言って、安い費用で請け負っているフリーランスでは品質が心配な部分があります。

翻訳会社は厳しい試験に合格しなければ所属できませんので、所属している翻訳者が一定レベルの実力を持っているのは確かです。それぞれ専門分野を持っていますので、たくさん所属している翻訳者の中からコーディネーターが案件に合わせて上手く選びます。会社なので料金体制も明瞭なので安心です。フリーランスと違ってコーディネーターが間に入るため、クライアントが翻訳者と直接やり取りすることはできませんが、総合的に見て安心して任せることができるのは、やはり翻訳会社ではないでしょうか。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *