Skip to content

英語で書かれた注文メールは翻訳会社に

実店舗を構えながら、同時にECサイトをWEB上にオープンする経営者の方々が増えて来ました。ネットの良いところは、ユーザーの方から積極的に製品や店舗を探してくれる点で郊外に店を構える個人商店でも、魅力的な製品やサービスを用意しておけば充分、ネットショッピングを通して安定した高利益があげられます。

さらに近年では海外から日本のECサイトにアクセスする人々も増加して来ました。日本製品の素晴らしさは国際的に有名であり、米国や英国のユーザーから英文の問い合わせや発注が届く事も増えて来ているのです。ただ英語でびっしりと明記された注文依頼や問い合わせに、正確かつ速やかに対処するには英語力が必須であり、普通の日本人にはハードルが高い事です。

しかしせっかく海外から送信されたメッセージをスルーするのはいけません。大きな商談のチャンスをみすみすスルーするのは勿体ない事ですので、そんな時は翻訳会社に和訳を依頼するのが良いでしょう。個人でも翻訳会社は普通に使えるものであり、届いた英文をプロのスタッフに訳してもらえば、どういった製品をどの位の量、注文してもらっているか正確に把握出来ます。

翻訳会社に相談して、返信用の英文を作成してもらうのもオススメです。英国や米国在住のユーザーに、日本語で執筆したメールを送付しても、相手に意図は伝わりません。日本語の文面を翻訳会社にお願いして英訳してもらえば、海外の一般消費者にも注文を承った旨、そして送付を済ませた事を正しく伝達でき、国際的な取引が無事に進められます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *