Skip to content

オリジナル言語に強い翻訳会社

多言語に対応が必要となった最近では、英語や中国語だけでは足りない時があります。

カナダなど英語よりもフランス語を話す国もあり、想定よりも多くの言語への対応が求められます。そんな時にはオリジナルの言語に強い翻訳会社を選定した方が安心です。翻訳はある言語から異なる言語に変換する作業です。繰り返し行うことで元々の表現からずれてくるリスクを持っています。日本語から英語、英語からフランス語など2段階の翻訳では、オリジナルで想定していた内容から逸脱する表現になっている恐れもあります。

だから出来るだけオリジナルからの直接翻訳を行うことが重要になります。ただし、言語によっては日本語からの翻訳ができる担当者が確保できない恐れもあります。だからこそオリジナルの言語に強い翻訳会社を選んだ方が費用対効果が高い結果を得ることができます。多くの翻訳家を抱えている所の方が多言語対応ができるので安心です。翻訳会社は自社で翻訳家を抱えている訳ではありません。

外部のフリーランスなどとの契約によって多くの言語に対応しているのが現実です。そのため、多くの契約翻訳家を抱えている所と契約することが賢明です。どうしても2言語間の翻訳が必要な場合は、まず最初の翻訳をチェックして問題がないことが確認できてから次の言語に対応するようにしましょう。そのためにはしっかりした品質チェックを行うことが重要です。十分な品質がある翻訳結果であれば、オリジナルとのギャップを小さくすることが可能です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *