Skip to content

QCのできる翻訳会社

商品説明やカタログなど、顧客に対して公開する情報は読み手のわかる言語で書かれている必要があります。

国際的なビジネスが普通になってきた昨今では、英語や中郷語などに翻訳する機会が増加しています。自社で全ての言語を担当するのは難しいため、翻訳会社に依頼するのが普通です。最近ではWeb上で業務を受けてくれるところもあり、いつでも気軽に頼むことが可能です。価格も安くなってきて、どこの翻訳会社に頼むか迷うところです。短納期で価格の安いところを探すのが当然のように思われがちですが、それでは損をする恐れがあります。

商品説明やカタログは顧客に興味を持ってもらうための商材です。それが品質の低いものでは、購買意欲どころか興味すら持ってもらえないかもしれません。そうならなために必要なのがQC、クオリティチェックです。出来上がった翻訳にブレがないか、正しい言語を使っているかなどをチェックしておくと、少なくても表現が統一された状態になり、読みやすくなります。

日本語の売り文句を適切に多言語に翻訳して紹介することで興味を持ってもらうことが可能です。そこから購買へとつながる可能性も高くなります。翻訳会社を選ぶ時には、仕上がりに重点を置いてQCがしっかりしているところに頼んだ方がコストパフォーマンスが高くなります。せっかく海外向けの商材を作るのであれば、一定の品質が保たれているものの方が安心して利用することができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *