バナー

足やせを行う時のコツ

足やせは、上半身と比べると脂肪や筋肉がつきやすいため難しいといわれています。

足が太いと下半身デブに見え、スカートなどを自信を持って履くことができない人も多いと思います。足が太くなる原因はいくつかあり、左右のどちらかに重心が置いていたり、歩き方に癖がある場合には骨盤が歪み血流が悪くなってむくんでいる、むくんでいるのに放置して脂肪と老廃物が結合してセルライトとなっている、習慣的に運動不足で筋力不足になっている、体を冷やす食べ物や飲み物を摂取しているなどの生活習慣が足の太くなる原因となっています。



足やせを行うには、この生活習慣を改善することが重要となります。

効率がいいYoutube情報の公開中です。

そのためには、ストレッチやエクササイズなどが有効です。骨盤の歪みを治すためには、骨盤を回す運動や仰向けに寝て両足を上げて体を支えながらお尻を上げる運動、足のむくみを解消するには入浴後に仰向けに寝て足を上げて水分を循環させる、股関節を柔らかくするストレッチ、リンパマッサージなどの行うことも水分や老廃物を正常に長し、むくみ防止となります。

もっと積極的に足やせを行いたい場合には、ウォーキングなどの有酸素運動を長時間行うことが最も効果的だと言われています。
運動するのが苦手だという場合には、勉強や仕事の休憩時間に青竹を踏んだり、ストレッチやマッサージを行うことで血流改善をすることができるようになります。



足やせを行うには血流を改善し、むくみを治すことが足をスッキリと見せてくれます。